FC2ブログ

ビデスコや  ~駒ヶ岳を眺めながらの日々~

猛禽類調査の機材制作や改造に日々取り組んでいます。一つ一つ手作りの受注生産で、あなたの使い方に合わせたシステムを心を込めて作り上げていきます。                             2012年から自家焙煎コーヒー販売開始しました。          2016年から野菜販売始めました。                                                  画像の右側切れてます、クリックすると大きな画像を見る事が出来ます。

0502

アウトドア用コーヒーケトル更新  

もう、10年以上使っているアウトドア用
コーヒー専用ケトル。
約500ccまでは使えます。
値段は400円前後。

110501_1806~0001






その前は、注ぎ口の細い物を使っていたのですが、
ザックで持ち運んだりする事も多く、注ぎ口が壊れて使えなくなった時に色々探し回った結果選んだ物でした。
当時は、まだネットで探すと言う選択肢が無くて、仕方なく選んでました。

その頃、やっと見つけた大型ケトル。
1.5L程の容量があります。
結構、高くて3000円以上しました・・・
大きな物はなんとか見つけれたのですが、持ち運びに使える小さな物はありませんでした。


110501_1807~0001












以前のアバウトな入れ方では、特に不自由を感じていなかったのですが・・・
最近は、非常に繊細な入れ方をしているので、液だれが多くて不便を感じていました。
そこで、夜な夜なネットで検索。
500cc前後の小容量の物は、5点ほどしか見つけれません。
しかも、どれもお高い・・・
数ヶ月、悩みに悩んだ末についに中間位の値段の物を買ってしまいました。

タカヒロのドリップポット 0.5L
大枚6000円(送料込み)
!Σ( ̄□ ̄;)

定価は1諭吉と言うものです。

110501_1806~0002








注ぎ口の細さや先端の形状。
ケトルを大きく傾けた時にも、蓋が落ちない様な細かな所にも配慮が行き届いている製品です。
ただ、持ち手もステンむき出しなので、熱くて持つ事が出来ません。
不良在庫になっていた、筋肉用テーピングテープを持ち手に巻いてみました。


110501_1827~0001







上記、大型の物より、若干使いにくく慣れが必要そうですが、
今までの物よりは格段に使い勝手が向上。
これでアウトドアでも美味しいコーヒーを飲む事が出来ます。
(^^)
関連記事

Posted on 2011/05/02 Mon. 05:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

« SWAROVSKI st80とTSN-VA3  |  sachtlerパノラマヘッド用プレート制作 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://konohakuzu698.blog40.fc2.com/tb.php/933-c7a6ba4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

フリーエリア

コーワ製品取り扱い開始

カレンダー

プロフィール

メールフォーム

FC2カウンター

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲Page top