FC2ブログ

ビデスコや  ~駒ヶ岳を眺めながらの日々~

猛禽類調査の機材制作や改造に日々取り組んでいます。一つ一つ手作りの受注生産で、あなたの使い方に合わせたシステムを心を込めて作り上げていきます。                           2012年から自家焙煎コーヒー販売開始しました。          2016年から野菜販売始めました。                  画像の右側切れてます、クリックすると大きな画像を見る事が出来ます。 最近過去記事の写真が別のに入れ替わってる症状が多々見受けられます。アルバムの設定が上手くいって無い様ですが、ご容赦下さ

0322

蒲焼きが美味い~  

前回は、アルミフォイルに包んで焼いて見ましたが・・・





今回は、更に美味しい食べ方目指して
ネットで検索して見ました

プロ直伝!アツアツ、ほっくり、柔らか~い!美味しいうなぎの温め方

他にもがってん流など、色々なサイトを参考にしながら・・・

まずは、表面に付いたたれを熱湯で洗い流します。
その後、表面に付いた水気をキッチンペーパーで拭き取り。
フライパンで表裏、焦げ目が付く程度に焼いて見ました。

たれも手作りで、昆布出汁に醤油、みりん、醤油を煮込んで・・・
砂糖は使わずに、蜂蜜で煮込んで見ました~

写真、全く撮って無かった・・・
(^^ゞ

KIMG4685.jpg







表面サクサクで、中身はフワトロ~
たれもべとつかず、すっきりした甘さでメッチャ美味かった~
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
関連記事

Posted on 2018/03/22 Thu. 17:50 [edit]

CM: 3
TB: 0

« 総会無事終了~  |  3日ぶりの帰宅~ »

コメント

職人技!

温めにも一手間なんですね(°_°)
鰻食べたいな〜〜

gerogero #8klwOKB6 | URL | 2018/03/23 01:26 * edit *

冬季ハウス栽培について

 拙ブログ「サニーレタスの栽培」にコメント頂きありがとうございました。
冬季ハウス栽培についてですが、当地でも2種類のハウス栽培が行われています。
一つは、2重ハウス内で、寒さに強い小松菜やホウレンソウを栽培するものです。加温設備も備えていますが、稼働させるのは特に寒い夜だけのようです。
二つ目は、菊やカーネーションなどの花を栽培する農家さんで、大型のハウス内にビニールで囲って(2重構造)その中で、夜間は常時加温の方式です。
 自分も、6年前、農業を始めるに当たって、冬季間野菜の栽培について調査してみましたが、低コストで運営できる方式を探すことが出来ませんでした。そういう意味からして、「北海道でも3重構造のハウスで無加熱栽培が出来る」というのは、参考になります。
このはさんのブログを、もう一度読み返したいと思います。
 一方、当地は八ヶ岳の山麓にあり、標高1,000m地帯で、非常に寒いのですが、当地から40kmほど山梨県側に入った韮崎市の標高は350mほどです。気温も5℃ほど温かいです。何が言いたいかというと、生産の競合者は、冬季野菜の栽培では、最初から5℃暖かいというアドバンテージを持っているということです。そんな背景から、自分としては、冬季野菜栽培で張り合うより、夏季に冷涼な気温がアドバンテージになるような品目栽培で途を見つけることに注力しています。
 いずれにしても、アドバイスありがとうございました。

おやじと息子の農業日記 #- | URL | 2018/03/22 23:18 * edit *

このはちゃん~~~

旨ほ~~~~~
ちょっと、ひと手間だね!

鬼婦人 #- | URL | 2018/03/22 19:14 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://konohakuzu698.blog40.fc2.com/tb.php/4282-05a7719d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

フリーエリア

コーワ製品取り扱い開始

カレンダー

プロフィール

メールフォーム

FC2カウンター

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲Page top