fc2ブログ

ビデスコや  ~駒ヶ岳を眺めながらの日々~

猛禽類調査の機材制作や改造に日々取り組んでいます。一つ一つ手作りの受注生産で、あなたの使い方に合わせたシステムを心を込めて作り上げていきます。                              2012年から自家焙煎コーヒー販売開始しました。           2016年から野菜販売始めました。                  画像の右側切れてます、クリックすると大きな画像を見る事が出来ます。 最近過去記事の写真が別のに入れ替わってる症状が多々見受けられます。アルバムの設定が上手くいって無い様ですが、ご容赦下さい。

0821

クワカミキリ狂想曲2  

日中に捕獲できれば、網への被害も軽減できると臨んだ捕獲作戦は、
あえなく敗退。

知り合いの虫やさん、数人に連絡して、
某町の学芸員さん等とも連絡を取りますが、写真が無いと全く信用されなく、
「北海道にはいないはずだよ」
と言う、つれない返事が返って来てしまいました。
(^^;


幸いな事に函館市博物館には友人がいるので、標本の状況等も問い合わせ中です。



くだんのカミキリマニアの友人は、もの凄い盛り上がりで、
自分で捕獲するべく、スケジュールを調整中だとか・・・
同好会誌等にも発表するべく準備開始してるそうです。

そうなると、ますますちゃんとした標本が無いと・・・


生き物の世界では、前日まで沢山出現があっても、翌日から全くいなくなるのは良くある話・・・
捕獲作戦にもプレッシャーが掛かります。










夕方、いつもより早めに網を張り、クワカミキリを待ち受けます。
ずっと網場にいると警戒するかもと思い、
30分に一度の見回り・・・

薄暗くなると一つ、二つと掛かり始めます。





少しでもタイミングがずれると。網はズタズタ・・・
カケスサイズの鳥でも平気で通り抜けられるサイズです。
(--;

CA380258.jpg












暗くなると、老眼の身では網が見えづらく、外すのも一苦労。。。
手持ちのビニール袋に確保していたのですが・・・
直ぐに穴を開けられ逃げ出しそうな勢い。
本職の虫やさんなら酢酸エチルで処理するそうですが、
当然ながら、素人の私はそんなもの持ち合わせていません。
とっさに思いついたのが、焼酎に漬けて溺死作戦。

上が雄で下が雌だそうです。

CA380256.jpg















21時頃までに雌1。
雄6個体を確保。

その後は0時過ぎまで頑張りましたが、捕獲は0


焼酎に漬けたお陰で、少し色が変わってしまいました・・・

CA380259.jpg













翌朝は、雌1雄1個体を確保。

黒っぽくなった個体も、日中日干しにしてやると
色が回復、ほっとしました。

CA380262.jpg










某町博物館にも写真を送り、
雄1雌1の標本を持って行って貰う手はずを行いました。





関連記事

Posted on 2011/08/21 Sun. 18:39 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 夕顔収穫  |  クワカミキリ狂想曲・・・ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://konohakuzu698.blog40.fc2.com/tb.php/1055-8d4fe4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

フリーエリア

コーワ製品取り扱い開始

カレンダー

プロフィール

メールフォーム

FC2カウンター

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲Page top