FC2ブログ

ビデスコや  ~駒ヶ岳を眺めながらの日々~

猛禽類調査の機材制作や改造に日々取り組んでいます。一つ一つ手作りの受注生産で、あなたの使い方に合わせたシステムを心を込めて作り上げていきます。                           2012年から自家焙煎コーヒー販売開始しました。          2016年から野菜販売始めました。                  画像の右側切れてます、クリックすると大きな画像を見る事が出来ます。 最近過去記事の写真が別のに入れ替わってる症状が多々見受けられます。アルバムの設定が上手くいって無い様ですが、ご容赦下さ

0205

メインプレート導入までの注意点!  

最近、ビデスコ導入への問い合わせが増えて来ました。

ビデスコまでは無理でも、一つの雲台の上に、低倍率双眼鏡、高倍率双眼鏡、プロミ、デジ眼などを
光軸を合わせて載っけて置くと、キャッチ率UP、ロスト率軽減に非常に役に立ちます。

高倍率双眼鏡を導入の利点は、立体感が違うので、斜面バックでも対象物が浮き上がって見える。
林内を移動しても追跡しやすい。
長時間の停まりを見ていても疲れにくい。

20倍のプロミで、ひたすら対象物を探す事は困難ですが・・・
高倍率双眼鏡だと、ひたすら斜面を探す事が出来ます。
コーワの664等を2台並べてのツインプロミにされている方も多いですが、
セッティングがやや面倒です。

ツインプロミより、光学性能はやや劣りますが・・・
視野が広ろく、扱いが簡単で比較的安価なニコン18x70IF・防水型・WFがお勧めです。
道内では、もう20年ほど前から主流となっています。




雲台上に並べる為の要点を以下に纏めましたので、
メインプレート導入を考えている方は参考にして下さい。


双眼鏡や、プロミなどは、それぞれネジで固定部分から接眼部までの長さが違います。
見る時に、接眼部が前後にズレ過ぎていると、頭をぶつけるだけじゃ無く、
次の覗き道具への視線移動時間が延びてしまいます。
使い勝手が変わって来ますので、なるべくズレを少なくセッテイングして下さい。

KIMG5173のコピー











同様に、高さの統一も重要です。

理想は、プロミの下に、ビデオのモニターですが。。。
あまり高くセッティングすると、雲台上のバランスが悪くなるので、
お使いの雲台が小さい場合は、なるべく低くセッテイングする事も重要です。

KIMG5176のコピー









高さ調節用のアングルは2cm~8cmまで、1cm単位で製作可能です。
大きさに関係なく、1個5,000円です。

KIMG5175のコピー









私のシステムは古く、ハンドメイド時代の流用ですから、
見かけが悪いですが・・・
最近の物は、こんな状態に仕上がります。。

CA3K0917_20160205133133765.jpg




通常、各覗き道具と接地面は水平が保たれていますので、
余程の安物を使わない限りは上下方向の視界調整は必要無いと思われます。
横方向は、最初にセッテイングする際に何度か、緩めたり締めたりを繰り返して調整します。
緩み止め材等を使うと、そう簡単にズレる事はありません。

ザックに入れての移動が多い方などは、ケンコーのレベルアジャスターとベルボンのQRL-635の導入をお勧めします。
毎回、ズレますが、光軸合わせが簡単になります。

ツインプロミをお使いの方は、目視で合わせた後で8倍クラスの双眼鏡を接眼部に当てて
合わせると、更に正確な光軸合わせが出来ますので、
目の疲れも違って来ます。
是非、お試し下さい。










ベルボンのQRL-635とアングルのセッティングなどはこちらをご覧下さい!







ビデスコプレートの取り扱い方法は、こちらをご覧下さい!









カテゴリーの「導入事例に」それぞれのセッティングや加工の様子をUPしていますので、
ご自分のお使いのシステムに近い物を探してから、ご相談を頂けると話がしやすくなります。

一人一人のお使いのシステムに合わせて、何度も打ち合わせを繰り返してから加工を始める。
世界中にたった一つの貴方だけのシステムを誠心誠意作らせて頂きます。


おおよその価格はショッピングカートを参考にして下さい。






ブログランキングに参加してます。
応援して頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村

Posted on 2016/02/05 Fri. 13:24 [edit]

CM: 5
TB: 0

0205

椎茸種菌届く・・・  

本日も、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村






今期は、沢山のほだ木を手に入れる事が出来ました。


折角なので良い種を植えるべく、夜な夜なネット検索・・・
いくつかのサイトをお気に入りに登録しておいたのですが・・・

何日かおきに見ていると・・・
ドンドン、売り切れの菌が増えて行きます。

心配になって、ついにポチしてしまいました。

1月に届いた駒菌2種!

KIMG5158.jpg








2,3日遅れて、成型菌も届きましたが・・・
あまりの大きさにびっくり~
しかも・・・
住所と電話番号はあってるけど、
名前はかなりデフォルメされてて・・・
いつも黙って玄関に荷物を置いていく、佐川のおじさんが珍しく声を掛けて来ました。

KIMG5112.jpg









間違って、沢山送ってくれたのでしょうか?
ワクワクしながら箱を開けてみると?

KIMG5113.jpg









ビニールに包まれてるのが、注文した種菌の様です。
両側は、単なる発泡です。
他に箱が無いとか・・・
どの大きさでも、全国一律で佐川と契約出来てるんでしょうね~

こんな感じで、成型菌が守られています。

KIMG5115.jpg








ガードの発泡が4枚位余計についていますた・・・
本体は、たったこんだけ~

KIMG5114.jpg










しかし・・・
この状態で工房に保管すると凍結が心配です。
冷蔵庫に入る大きさじゃ無いし・・・


そこで、おじさん考えた。
野菜保存用の巨大な発泡容器が一個空いていました。
下は200Lの冷凍庫です。

KIMG5116.jpg









微妙な大きさで、ちょうど入りません。

KIMG5117.jpg











斜めにして入れて、穴だらけの発泡も適当に砕いて断熱材として詰め込みました。

KIMG5118.jpg









フタの隙間をテープでしっかり塞いで、
450Lの冷蔵庫の上に保存しました。
忘れない様にしなきゃ・・・

KIMG5119.jpg









全部で約2500個、多すぎるのか?
足りないのか?
早く植えて見たいですね~
しばれたほだ木が溶けるのは早くて4月ですねぇ~

Posted on 2016/02/05 Fri. 05:15 [edit]

CM: 7
TB: 0

最新コメント

フリーエリア

コーワ製品取り扱い開始

カレンダー

プロフィール

メールフォーム

FC2カウンター

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲Page top