ビデスコや  ~駒ヶ岳を眺めながらの日々~

猛禽類調査の機材制作や改造に日々取り組んでいます。一つ一つ手作りの受注生産で、あなたの使い方に合わせたシステムを心を込めて作り上げていきます。                         2012年から自家焙煎コーヒー販売開始しました。          2016年から野菜販売始めました。                                                 geroちゃんのご指導頂ながら、現在少しづつ改変中です。      画像の右側切れてます、クリックすると大きな画像を見る事が出来ます。

0131

雨は夜更け過ぎに♪  

雪へと変わりました。

真冬日、プラス、真冬日、プラス。
ジェットコースターの様な数日でした。

樽前PAで30分ほど、休憩してTOMOさんラジオ。




現場では雨でしたが・・・
まさかの室蘭近辺で雪になりました。
気温が高く、シャーベット状なので、
滑りやすく、みんなトロトロ運転。

NCM_2162.jpg


















逆に心配だった静狩峠が雨でした。

留守の間に森では30cmも積雪。
この日は道内2番目の積雪だったとか・・・
帰宅すると、痕跡も分かりませんでした。

本日は、ベーコンの燻煙と、珈琲焙煎の予定。
煙だらけの一日になりそう。

Posted on 2014/01/31 Fri. 03:50 [edit]

CM: --
TB: --

0130

吹雪・・・  

前日も一日中吹雪いてましたが、
2日目は、更に強風。

地吹雪が酷くて、機材を出す事が出来ません。

NCM_2152.jpg

















歩道も丁寧に除雪してます。

NCM_2154.jpg




















移動しながら定点を探しますが。
50m先も見えません。
ムチャクチャ吹雪いて大変でした。

NCM_2158.jpg

Posted on 2014/01/30 Thu. 03:23 [edit]

CM: --
TB: --

0129

久々の道北  

何年ぶりかの道北現場に移動。



気温はマイナスなのに、融雪剤で無理矢理溶かした高速を長時間走ります。

NCM_2142.jpg






















昼飯にパーキングに寄ると、もの凄い状態。
跳ね上げた水が、氷点下で車体につららを作っています。

NCM_2148.jpg























UPで見るとこんな感じ。
高速降りてから給油のためスタンドに寄りましたが、
若い兄ちゃん。
初めて見たと感動してました。
親切に、ゴムハンマーでつららを落としてくれました。
感動。

NCM_2139.jpg






















因みに前輪部分。
ハイエースのタイヤハウスは狭くて、
下道に降りると、ハンドルを切ると氷と接触してもの凄い音がします。

NCM_2149.jpg

























高速の終点近く。
留萌が近づくと一気に雪雲が迫って来ます。

NCM_2143.jpg























乗用車の背丈を超える積雪。
前回来た時よりも、高速が延伸していたのですが、
除雪車に阻まれて、下道に降りた方が早かったと言う結末。

NCM_2146.jpg



























スタンド直前の留萌市街。
夏は2車線ですが、
積み上げられた雪で1車線がつぶれています。
大型バスより高い雪山。
この左側に歩道が確保されています。

NCM_2147.jpg

Posted on 2014/01/29 Wed. 03:29 [edit]

CM: --
TB: --

0128

5日連続  

1万歩越えとなりました。
日常的に、結構あるはずですが。
万歩計で記録を取り始めてからは初記録です。
3日、歩き定点。

2日歩き現場。

ふかふかの新雪にスノーシューだと、正確に計測していない印象はありますが・・・

とりあえず、全身筋肉痛です。

Screenshot_2014-01-24-20-32-54.png






















懲りずに、翌日も歩こうとしましたが、
酷い湿り雪に諦めて帰りました。
スキーも重くなるし、見通しが効かないので巣探しには不向きです。

NCM_2129.jpg

Posted on 2014/01/28 Tue. 03:40 [edit]

CM: --
TB: --

0127

怖い物知らずの若者!  

今回の現場は、長男とほぼ同年齢の現場。

おじさんの年齢の半分位ですが・・・
普段やった事の無い分野の仕事なので、
色々勉強になりました。

初めての現場でもあり、完全におんぶにだっこ。
若者に指示されるまんまに動くのも面白いです。














かなりの急斜面をジグザグに上りましたが、
下りはかなり危険そう?
「どうすんの?」と聞いたら
下りは別の斜面を下るとの事。

一通り、仕事が終わって・・・
「降りますよ」と若者の一言。

どのルート?
って、動きを見ていたら・・・

いきなり、急斜面を下ります。

NCM_2098.jpg














































写真で斜度と危険度が表現出来ないのが残念ですが、
見た目は殆ど直角です。


積雪30cm程度だからOKでしたが、
豪雪地帯では、雪崩の危険で、この斜面は諦めたでしょうね。

スキージャンプの様に、
完全に落下作業でした。

NCM_2099.jpg
























冷や汗物の落下を体験した3日目。
朝からプラスの高温で、谷内にはガスが立ちこめています。

NCM_2110.jpg

























前日、落下した斜面は全層雪崩の兆候。

この重たい雪が落下したら、完全にアウト!
安全な斜面を探して、長時間かけて下りました。

NCM_2113.jpg




















色んな意味で勉強になる現場でした。






本日からは、道北方面に転戦です。

Posted on 2014/01/27 Mon. 03:59 [edit]

CM: --
TB: --

0126

熱効率UP  

ネタに困った時の下書きだったのですが・・・
要望を頂きましたので、UPさせて頂きます。


普通の家庭用コンロで焙煎しているコーヒーですが・・・

ガスの炎が効率良く、豆に伝わっていない感じをず~と感じていました。
炎を大きくすると釜よりも大きくなり釜の外側を温めてるだけではないのか?

しかし炎が小さいと熱量自体が無いので、やはり時間が掛かってしまいます。

NCM_2050.jpg


























電動化も冷却効率もUPし、
自家焙煎、最後の課題です。
コンロのサイズを計測して100円ショップで使えそうな材料を買って来ました。
リング状の材料がそのまんま使えれば一番良いのですが、
残念ながら高さが1Cmしかないので、やはり無理でした。

NCM_2043_20140119192618211.jpg























シフォンケーキ用の型を切断して利用。

NCM_2046.jpg




















受け側の切り欠きを追加して・・・

炎がまっすぐ上に立ち上ります。
外側に逃げる熱も減った気がします。
理想は、もっと厚い鉄板でかこってやった方が良いのでしょうが・・・
とりあえずの応急策です。

NCM_2047.jpg


比較の為に、何も無い写真。

NCM_2048.jpg






















ぶれぼけですが、焙煎中の写真。

NCM_2049.jpg











早速、試した所、
以前と同じ火力で焙煎すると3分も早く焙煎完了。

焙煎時間が早すぎるので、2回目からは色々調節しながら・・・
800g×3回の焙煎。

丁度良い火加減を見つけるまで、もう少し時間が掛かりそうですが。
推定20%位熱効率UPです。
ガス代も節約出来ます。











Posted on 2014/01/26 Sun. 03:34 [edit]

CM: --
TB: --

0125

16日ぶり真冬日脱出  

年明けから寒い日が続いていましたが、
久々の暖気到来で酷い目に遭いました。




今回は、ひたすら歩き現場。

朝の気温は-9℃とそれなりだったので、歩きやすかったのですが・・・
昼前から、ドンドン気温が上昇し
最高気温はプラス3℃。
しかも雨!

スノーシューに雪がだんごになっています。
滅茶苦茶疲れます。

NCM_2101.jpg




















暖気は定点の日にやってきて欲しい。

午後からはワックスの効いたスキーに履き替え。

NCM_2103.jpg
























快適な滑りも30分が限界。
何度、ワックスを塗ってもすぐに雪が団子になります。
もう、おじさんヘロヘロです。

NCM_2105.jpg






















暖気で融けた雪の爆弾が樹上から落下。
時々、頭を直撃。
無駄と思ってたヘルメットですが、
役に立ちました。

NCM_2106.jpg























暖気の影響で雪のロールケーキもありました。

NCM_2104.jpg





















帰り道もしっかり雨です。

NCM_2107.jpg






















宿に帰って、ずぶ濡れになった衣類たちを乾かします。

NCM_2108.jpg



















本日、最終日で午前中には終わる予定ですが、
朝9時にはプラスの予報。
雪団子を少しでも回避するために、早めに宿を出発します。

Posted on 2014/01/25 Sat. 03:58 [edit]

CM: --
TB: --

0124

やっと発送  

1/5日に外注先にアルマイト加工の依頼に出荷していたものが、
やっと、着荷しました。
普段だと10日前後なのですが、
正月明けで、仕事が混でいたのでしょうね。
20日近くかかってしまいました。

写真、ブレブレですが・・・
出荷するのが、勿体ない位綺麗な仕上がりにうっとり。

NCM_2082.jpg





















角度を変えて、表面。

NCM_2081.jpg






















左端に8倍クラスの双眼鏡を乗せる予定。
真ん中のツインプロミとの高低差を解消するために、
5cmのアングルを取り付けます。

この上に、双眼鏡を取り付けます。

メインプレートにアングルを付けると、
プレートがかさばります。
車移動がメインなら、こちらがお勧め。

NCM_2078.jpg






















マンフ357にアングルを取り付けるパターンもあり。

NCM_2079.jpg
























QRA635の在庫がないので、あくまでイメージ画像。
高さに問題が無ければ、更にそれぞれ分割すると
ザックでの持ち運びには便利かも?

こいつを一番下にセットしてもOK。
好みに寄って、使い方を変えて下さい。

NCM_2080.jpg

















セッティング写真をお待ちしています。

Posted on 2014/01/24 Fri. 04:02 [edit]

CM: --
TB: --

0123

真っ暗・・・  

今週は通い現場。
06:30集合で7時調査開始って・・・

まだ、真っ暗なんですけど・・・
走行中なので、ブレブレですが。

NCM_2077.jpg




















この日は、-15℃の地点。
到着後に朝飯を作りますが、
作る端から凍り付きます。
寒い朝は、メニューを考えないとダメですね。
シャリシャリする納豆ご飯と、冷えた味噌汁は美味しく無かった。












Posted on 2014/01/23 Thu. 04:08 [edit]

CM: --
TB: --

0122

ホワイトアウト  

朝から晴天で、全く雪の心配はしていなかったのですが。。。
終了1時間前に、まさかのホワイトアウト。
50m先も見えなくなってしまいました。

NCM_2071.jpg























あっという間にザックも真っ白。

NCM_2072.jpg




























想定外だったので、ビフォー写真がありません。
全く関係ない場所ですが・・・
イメージ写真。

NCM_2009.jpg






















昼飯は、三脚下で炊事。
寒いので、ガスコンロは懐で温めていました。
ボンベの温度が下がると、ガスが出なくなるので、
断熱材の上で調理します。

NCM_2070.jpg

Posted on 2014/01/22 Wed. 04:36 [edit]

CM: --
TB: --

0121

今シーズン初  

歩き定点でした。

先客ありで、長靴で行けそうですが・・・
どこまで足跡があるか分からないし、
荷物の重さが違うので、念のためスノーシューをはいて歩きました。

NCM_2067.jpg





















車の中で暖められたスノーシューに雪がくっつき歩きにくい。

NCM_2068.jpg
























無駄に道を広げてしまいました。

NCM_2066.jpg





















この現場でのラッキーは年が明けても継続。
地点に到着して20分後には目的達成。
良い仕事が出来ました。

Posted on 2014/01/21 Tue. 04:00 [edit]

CM: --
TB: --

0120

小物改造  

二人目のK・O様システムもいよいよ納品が近づいてきました。
正月明けで、着荷が遅れてた部品も徐々にそろって来ました。
後は、アルマイト加工の着荷待ち。


こちらは個人輸入のマンフロット357。
最近の円安?で国内最安値の方が、安かったのですが・・・
代理店にも在庫が無く、
次の入荷は2月になってしまうとの事。

国内の数件に分けて注文するよりは輸入の方が安かったです。

NCM_2027.jpg





















ただ、代理で購入する訳では無く、
追加工で付加価値を付けます。
2つのバカ穴にねじ切りをして1/4インチネジ3点止めが可能になります。

NCM_2031.jpg



















加工を待つ357達・・・

1389762259897.jpg






















そのまんまでは、ねじ穴周辺のバリ取りもされていない様です。
左が加工前、
右が加工後です。

NCM_2032.jpg




















右は以前のバージョン。
今回からネジの取り付けもセルフサービスになってます。
これだけでも、かなり経費節減効果が有るのでしょうね?

NCM_2003.jpg

























ベルボンのQRA356とUNのレベルアジャスター
これも、そのままでは使いにくいので、
追加工が必要です。

NCM_2055.jpg






















普通に接続するとこんな状態です。

詳しくはこちらをどうぞ!

NCM_2056.jpg




















レベルアジャスターを分解してから接続します。

NCM_2062_20140119170059e3b.jpg


















アルマイト加工も普段なら10日前後なのですが・・・
2週間経っても届きません。
正月明けで、業務多忙なのでしょうね。
安くお願いしているので、文句も言えません。
ま、見積書には22日が納期限となっていたので、
今月中にはお客様に発送出来る筈です。

Posted on 2014/01/20 Mon. 04:36 [edit]

CM: --
TB: --

0119

800g焙煎に再チャレンジ  

今回購入したモーターですが・・・
直結では、低速のトルクが足りず、
800gの生豆を回す事が出来ませんでした。

仕方なく、以前の小さな釜を取り付け
ギリギリ600gの焙煎を数回。

駆動部にギアを取り付ければ、楽に焙煎出来るだろうと
自作の方向でアイデアを練っていましたが。


購入したオリエンタルモーターにギアボックスが販売されているのを発見。
メーカーに電話で問い合わせする事数回。
このメーカーもの凄く対応が良い事に感激。

auの電話サポートなんて、オペレーターの知識不足で、
何度も保留があったり、たらい回しにされたりでイライラする事が多いのですが、
見習って欲しいものです。



法人の大量購入では無く、個人で1個しか買えないと
最初の受け答えで言っているにも関わらず、
親切丁寧に教えてくれます。
特殊な使い方にも関わらず、瞬時に答えが返って来ます。
自社の製品に対する知識が豊富なオペレーターさんでした。
どのメーカーさんも見習って頂きたい。

取次店で買えば、若干安いサイトもあったのですが、
メーカー直販で購入しました。

自作焙煎機の電動化を考えている方にはお勧めです。

詳しくはこちらをどうぞ!







届いたギアボックス。

NCM_2034.jpg






















残念ながら専用モーターも新たに購入。
コントロールボックスだけは、以前の物が使用出来るので、
余計な出費は7000円ほどで済みました。
主軸部分が以前買った物と、全く別物です。

NCM_2033.jpg


























主軸も太くなってるし、
位置も変わっているので、取り付け部分の金具の再加工が必要です。

NCM_2036.jpg























ついでに、焙煎機の穴の位置も修正する事に。
市販品のアングル利用なので、わずかにシンメトリーでは無いのを修正します。
巨大な焙煎機の下の部分しか押さえられないので、上部分はもの凄くブレてしまいます。
非常に慎重な作業で、一日がかりになりました。

NCM_2039.jpg





















5mmほど、受け側を移動する事が出来ました。
これで、800g用の釜を無事に回す事が出来ました。

NCM_2040.jpg
























軸受け部分の止めネジを瞬接で取り付けてた為に、
外す事が出来ません。
部品を湯煎して、瞬接を取り外す作戦。

NCM_2037.jpg
























等々・・・
細かい修正などがあり2日がかりで、何とか完成。
直結と違い、低速からしっかり動いてくれます。

最高速で、秒間2回転位のカタログ値まで、自由自在に変速可能。
























モーターに余計な負荷が掛からないので、
モーター外周温度も上がりません。
感知センサーの取り付け位置が悪く48℃の表示ですが、
モーターに触っても、熱く感じない程度です。
クーリングファンは必要なさそうです。

NCM_2041.jpg


























約3年前。
手網焙煎で50gからスタートした自家焙煎ですが。。。
ちまちまとマイナーチェンジを繰り返しながら。
ついに電動焙煎800gを実現しました。
感動物です。

まだ、熱効率の部分で改良の余地がありますが、
軽負担での量産体制が整いつつあります。

Posted on 2014/01/19 Sun. 04:13 [edit]

CM: --
TB: --

0118

パソコン用いす更新  

もう10年以上使っている安物の椅子ですが・・・
ガスが抜けてしまったのか?
高さの調整が一切出来なくなってしまいました。

もともと、そんなにPCの前に座る時間が多い方では無いので、
数ヶ月我慢して使っていましたが、
冬になり内業も増えて、長時間作業をしていると無理な姿勢で、
肩こりが酷い。

NCM_1998.jpg






















我慢出来ず、近所のHCで買って来ました。
選択の余地も無く、在庫はこれ1点。
3980円です。
以前使っていた物より更に安物で、プラスチック多用です。

NCM_1999.jpg























因みに・・・
昨年から働き始めた次男の椅子です。
高給取りなので2万もする椅子を惜しげも無く買っています。
(>_<)

NCM_2021.jpg

Posted on 2014/01/18 Sat. 04:48 [edit]

CM: --
TB: --

0117

冬の散歩道・・・  

昨年と比べると遙かに雪が少ないです。
その分、寒い日が続いています。
10日連続真冬日。

NCM_2038.jpg






















我が家の周りは雪が無いのですが・・・
肝心な山はいつも雪が降って視界が効きません。

少し、早めに帰宅してコッコの散歩。

NCM_2044.jpg






















降雪は無いのですが、
地吹雪で、前日の足跡が消えかかっています。

NCM_2045.jpg




















一体、いつまで真冬日が続くのでしょう?

Posted on 2014/01/17 Fri. 03:43 [edit]

CM: --
TB: --

0116

電動化後 初焙煎  

モーターを取り付けた焙煎機を実際に使って見ました。
一度の焙煎量は600g×4回でした。


























ファンを取り付けた効果で、焙煎中のモーターの温度は60℃以下。
なぜか?
モーターを止めた後に75℃まで上昇してしまいます。???
















手回しの時は、わざと回転ムラを意識して、
豆がランダムに回る事を狙っていました。

モーターにより、均一に回転するので、
逆に焙煎ムラが生じる事態に・・・
釜内部の改造が必要になってきました。

NCM_2010.jpg






















冷却装置の方は、強力掃除機のお陰で1分ほどで冷却終了。
冷却中は、ふたを外すのに困る程の吸引力です。

NCM_1898.jpg

Posted on 2014/01/16 Thu. 04:31 [edit]

CM: --
TB: --

0115

今期最低  

NCM_2015.jpg





前夜から晴れ上がって、放射冷却現象。
道内も比較的温暖な地方で、
-10℃を超える事は年に数日なのですが、
最近の温暖化の影響で、冷え込む事が増えて来ました。

朝一の室外温度計。
-15℃を記録しました。

NCM_2016.jpg


















Posted on 2014/01/15 Wed. 07:28 [edit]

CM: --
TB: --

0114

ダブルサイクロンその後・・・  

年末に作ったダブルサイクロンシステム。
3台の掃除機を連結させています。

NCM_1874.jpg






















年末の大掃除で、効果は確かめていましたが・・・
年明けのCNCで本格稼働開始。
9時間、連続稼働した後のサイクロン1台目。
山のように切り子が貯まっています。

NCM_1943.jpg


















2台目の写真。
切り子はそんなに無いのですが・・・
かなり細かな粉塵がフィルターを汚しています。

NCM_1944.jpg






参考の為に前回のテスト時のフィルター写真。

NCM_1902.jpg






















しかし・・・
それこそが、この掃除機の役目。
3台目の掃除機は全くと言って良いほど、切り子もホコリも付着していません。
ほぼ、新品状態。
効果絶大です。

NCM_1945.jpg



















2台目のフィルターは300円程度なので、使い捨てにしても良いレベルです。
なるべく掃除機に負担をかけず長持ちさせます。

Posted on 2014/01/14 Tue. 03:48 [edit]

CM: --
TB: --

0113

4日連続真冬日  

昨日の朝は-12℃。
を体感した後の-6℃は暖かいとすら感じてしまいます。

サラサラの雪なので
玄関先は、竹箒で掃くだけで除雪終了。

NCM_2000.jpg


















車の中に放置していた4Lのペットボトルは芯まで凍り付いています。

NCM_1988.jpg



















突風で、木に着いていた雪が舞い上がる林道。

NCM_2001.jpg



















定点の足下。
何時間経っても、雪が固まりません。

NCM_1991.jpg























工房に保存しているネギが凍るのを心配して、毛布をしっかりかぶせて対策していたのですが・・・
翌朝、見ると見事に凍っていました。

ネギを保存し始めて5年目ですが、初めての事です。
工房の暖房をけちったのが原因でしょう。

こうなってしまうと、逆に融けると使い物にならなくなってしまいます。
巨大な発砲容器に保存しました。
本当は、立てたままの保存が良いのですが、
そんな事は言っていられない状況。

春まで食べれるかな?

Posted on 2014/01/13 Mon. 04:48 [edit]

CM: --
TB: --

0112

切り子ガード更新  

昨年まで使っていた切り子ガード。
幾度もマイナーチェンジを繰り返しています。

PPシートが堅く、アルミの表面に細かい傷がついてしまいます。

NCM_1691_20140106185334755.jpg
















掃除機の吸い込み力もUPしたので3世代目の吸い込み口を探していたら、
初代機発見。
漏斗を改造して取り付けた物です。

NCM_1949.jpg
























その後は、カメラの蛇腹式レンズフード3段連結方式で上の方は安定しています。
クーラントホースを利用した吸い込み口は、掃除機のパワーが弱いと、
すぐに口に切り子が貯まってしまい使えませんでしたが・・・

今回、掃除機の猛烈なパワーUPで復活です。
切り子ガードには1mm厚のゴム板を使用。

ゴム板を長めにして、素材との密着率UP。
穴を開けて、吸い込み口を固定しています。

NCM_1947.jpg






















メインプレートを加工しても、表面には殆ど切り子が残っていません。
どうしても部材の端っこには段差が出来るので、仕方ないですね。

NCM_1954.jpg


Posted on 2014/01/12 Sun. 04:11 [edit]

CM: --
TB: --

0111

お手上げ・・・  

NCM_1996.jpg









この日の地点は、今回の目的地を一堂に見渡せる地点。
景色は良いのですが・・・
一番近いところでも3Km。
遠いところは10Km以上先を探します。


実質的に1時間も見えたかな?
まだ500mくらい先までは見えるのですが。
目的の場所は全く見えなくなってしまいました。

NCM_1997.jpg





















その後、近距離地点に移動しましたが、
やはり視野が取れず。
空転の日々が続いています。

因みに、この日は今期最低の-10℃を記録しました。
日中の最高気温が-6℃。
陸別では-23℃を記録したとか・・・

Posted on 2014/01/11 Sat. 03:53 [edit]

CM: --
TB: --

0110

冷却用ファン装着  

先日出来上がった電動焙煎機ですが。。。

モーターの熱が気になります。
取説を読むと90℃位までは問題なく使えそうですが。
20分も連続稼働すると手で触れない程の高熱です。
温度計の先端をボルトで留めてみました。

NCM_1914_1.jpg





















この時は炎なし、
試験焙煎では70℃以上になったため、
ドライヤーを使って冷やしながら焙煎しました。
















ドライヤーで常に冷却するのでは、電動化の意味が薄れてしまいます。
古いパソコンの冷却ファンを接続する事に・・・
CNCで作れば良かったのですが、
手作業で簡単に出来るだろうと着手。
やはり、CNCの偉大さを感じた手作業でした。
制作時間5時間。

NCM_1925.jpg



















モーター部の余ってる端子を使えれば好都合だったのですが、
出力3Vでファンを回すパワーがありませんでした。

いつの物か?
何の物か?
全く忘れ去られたACアダプターを接続して12V確保。

20131231092936-584.jpg



















接続してみましたが、あまり風力がありません。
どれほど効果が有るのか?
疑問ではありますが・・・
コーヒーの在庫も沢山あるので、テストはまだまだ先の事になりそう。

NCM_1926.jpg

Posted on 2014/01/10 Fri. 03:36 [edit]

CM: --
TB: --

0109

仕事始め・・・  

近場の定点に通い始めて3日目・・・

連日、視界がすっきりせず。
目的の鳥もご無沙汰です。

NCM_1984.jpg













本日からは、更に天候悪化の予報。
しばらくは真冬日が続きそう。
















Posted on 2014/01/09 Thu. 04:28 [edit]

CM: --
TB: --

0108

T・H様システム  

まだ、正式発注を頂いている訳では無いのですが・・・
アルマイト外注の送料を少しでも節約都合もあり、K・O様のプレートと一緒に発送しました。

右端にビデスコ。
真ん中にニコンの18倍双眼鏡を使用。
左には8倍クラスを乗っける予定の設計です。


原用


















CNC稼働は9時間ほど。
ちょっと表面に傷がついてしまったので、
両面ともサンダー仕上げ。

前回の作業でこつを掴んだので、実質2時間程度の作業。

NCM_1951.jpg















裏面。

NCM_1950.jpg




















Miller20のプレート。
上が正規品で、下が以前自作した物。

NCM_1972.jpg















ネジが1/4仕様なので、穴を広げて3/8が使える様に
溝の長さも少し長くしました。
こちらは1時間程度で終了。

NCM_1973.jpg



















果たして、使ってもらえるのか?

Posted on 2014/01/08 Wed. 03:43 [edit]

CM: --
TB: --

0107

鳥始め・・・  

注文頂いてる加工も目処がたったので・・・
1/3日探鳥会の下見に出かけました。

日頃の行いの悪さか?

NCM_1957.jpg













殆ど視界が効かないありさま。
いつも沢山いる所なんですが・・・・

NCM_1958.jpg









それでも、最上流部では、結構な数を確認出来ました。





















一転して、探鳥会当日は久々のピーカン!
参加者の皆様の日頃の精進の結果と思われます。

NCM_1968.jpg


















今までで一番多いかも?

NCM_1969.jpg
























下見の時よりは、数が出ませんでしたが・・・
それなりに満足して頂けた模様・・・



















終了後。
恒例のそば屋に。
セットを注文してびっくり。
めっちゃそばの量があって、ご飯までたどり着けませんでした。

NCM_1970.jpg





















翌日は、近場のチェック。
シロハヤはいるのですが・・・
トビみたいなやつだし、取り囲んでる車が多いので、
素通りして、別な鳥を探します。

急に出てきたケアシ。
カメラを準備出来ずにスマホのドアップ。
やはり無理でした。

NCM_1978.jpg


















もう1カ所。
まっちゃんに教えて貰ったフクロウ。
こちらも人だかりが出来ていましたが、
あまりにめんこいので1枚だけ撮って、そそくさと逃げてきました。

IMG_9618.jpg






















昼飯にとんでもない事件がありましたが。。。
なんとか無事にリカバリー。

その後、今年の目標地の下見と地点の雪かきをして帰宅。
今年こそ、見つけるぞ!

Posted on 2014/01/07 Tue. 03:04 [edit]

CM: --
TB: --

0106

CNC始め・・・  

昨年末にご注文頂きました。
二人目のK・O様システム。

年内に設計を済ませ。
2日から制作に取りかかりました。

マンフロット357を両端に。
真ん中にQRA635とレベルアジャスターを2つセットでツインプロミの予定です。

沖用



















約10時間ちょっとの稼働で出来上がりました。

今回から、思いつきで板の固定方法を両面テープから
クランプで4隅を固定。
計算上、エンドミルと接触しない筈ではありますが・・・
かなりドキドキしながらの作業でした。

切り子ガードも新しい方式に変更していますが、
こちらは後日紹介。

NCM_1954.jpg























スマホ画像では分かりにくいですが。。。
両面テープでの固定では、部材が若干ブレる様で。
かなり綺麗な仕上がりになっています。

NCM_1942.jpg

























脱調もなく、無事終了。

NCM_1962.jpg



























表面も綺麗に仕上がりました。

もう2点ほど仕上げて、外注のアルマイト加工に出す予定。
こちらの仕上がりまで10日前後。

NCM_1961.jpg






















その他の部品も注文済みですが・・・
ショップが正月休みに入っていて、結構時間が掛かりそうです。
出張とのタイミングもありますが、
1月中には納品予定。

Posted on 2014/01/06 Mon. 03:56 [edit]

CM: --
TB: --

0105

ダブルサイクロン・・・  

サイクロン集塵機を作った数日後・・・

なんとなくPCを眺めていると下記の画像が・・・

8ca1ecff5e85d95c05fd0a3263823beb.jpg















これを更にサイクロン機能をつければ
ダブルサイクロンですね。

確かに、非常に細かい粉塵は本家掃除機の方に吸い込まれている様なので、
この方法でやれば、掃除機のフィルターを汚さずに済みそうです。












アイデアを温めて、数日後!
夢の中でひらめきました。




















今までCNCの集塵に使っていた、小さな掃除機をダブルサイクロン2機目として使います。
とりあえず接続。
大成功!
元々掃除機なので機密性抜群。
継ぎ手だけ制作すれば使えそうです。
追加のフィルターも数枚注文しているので、まだまだ使えます。

右手の大きな掃除機が1台目。
それが左手の小さな掃除機につながり。
さらに先日作ったサイクロンにつながって、切り子を吸い取って行きます。

NCM_1874.jpg




















継ぎ手を自作してCNCにつないで見ました。

NCM_1875.jpg


























いっぱい買った掃除機。
余っているホースをつないで、普段の掃除にも簡単に切り替えできる様にしました。


NCM_1876.jpg
























こちらもまだ生きていますので、いざという時には切り離して使う事が出来ます。
これで切り子対策は万全です。
早く次の注文が来ないかな~

NCM_1877.jpg



















使用レポ。
1台目にはたっぷり切り子が貯まっています。
何となく、中央部に切り子が無いので、サイクロン効果か?

NCM_1903.jpg


















2台目の掃除機のフィルターです。
殆ど切り子がついていません。

当然ながら3台目の掃除機には全くと言って良いほど切り子はありませんでした。

画期的発明ですが・・・
大量に購入した1台目のフィルターが無駄になってしまった事に気がつきました。

NCM_1902.jpg


















ダブルサイクロンと言う発見は良かったが、
作った後で2台目がサイクロン方式で無い事に気がついた・・・
ま、いっか。

サイクロン効果を確かめるために、年末に工房の掃除を念入りに行いました。
いっぱい、掃除機に無駄金を投入しましたが、
これで落ち着きそうです。

Posted on 2014/01/05 Sun. 03:07 [edit]

CM: --
TB: --

0104

雲台修理  

Miller20の三脚セット。
購入して1年以上経過。

vison5と比較写真。

121205_1132~02














何度か、貸し出しして、売却を試みましたが、
失敗どころか、若者に貸した時には部品の一部を壊されて、
プレートのストッパーが効かない状態。

20131231101754-430.jpg


















サビで、ネジが回らず取り外しに苦労しました。
黒い四角い板が壊れた部分。
こんな大事な所にプラスチックを使ってるなんて・・・
メーカーの姿勢が問われます。

20131231103127-755.jpg























2mm厚のアルミで似たような部品を作ります。

20131231104140-924.jpg




















完成!
アルミなので、そう簡単に壊れる事は無いでしょう。
古い雲台ですが、見かけは上々。
まだまだ使えます。

20131231111628-986.jpg

Posted on 2014/01/04 Sat. 03:17 [edit]

CM: --
TB: --

0103

自作焙煎機電動化  

ありがたい事に、年末に新規のご注文を頂き。
正月2日から作業に取りかかっています。
追々、UP予定。



こちらは年末の仕事!






気まぐれでカップリングを作ってみたら、
一気に電動化熱が盛り上がり、色々ネット検索。

ついに見つけました。
スピードコントロールモーター

NCM_1899.jpg
















商品名が判明すると、
意外な事に普段、エンドミルなどを購入しているMonotaROにある事が分かり、
かなりがっかり。

購入価格14000円。
焙煎機全体では3万以上になりました。

ストレートに現在の形になったとしたら2万以下で出来る筈です。

















とりあえず接続して、動作確認。

















































今まで、CNCで使ってるステッピングモーターを取り付けるイメージでしたが・・・
コントロール部分と
モーター接続部作成がネックになっていました。





こいつはAC駆動で、スピコン付き。
もっと簡単な接続方法も考案。

モーターを決めてから、カタログを見ながら設計図を制作。


焙煎機アングル




























現物と寸法が変わっている可能性もありますので、
念のために原寸大で印刷して現物合わせ。

外形からはみ出している部分は、数ミリだけ彫り込んで、
谷折り部分です。

NCM_1900.jpg























CNCを駆使して部品製作。
新しい掃除機とサイクロンも快調に働き。
切り子も殆ど残っていません。

NCM_1901.jpg



















厚みが3mmなので、トータルでも3時間程度で終了。

NCM_1906.jpg
























出来上がった部品を曲げ加工。
ちょっと、彫り込みが浅くて手作業では苦労しました。
万力を二つ接続してパワーを伝えます。

NCM_1908_201312311746477c0.jpg





















90度に折り曲げ完了。

NCM_1907_201312311746467d5.jpg



















一つ目の基台部分を取り付けます。

NCM_1909.jpg






















横板の取り付け。
長溝部分で前後の調節をする予定。

NCM_1910.jpg















カップリング部品に穴をあけ。
固定用のねじ切りを行います。

NCM_1905.jpg

























モーターを取り付け。
長溝部分で高さ調整をする予定。

NCM_1911.jpg























取り付け部分のネジは在庫から・・・
今までの色んな加工で、細かい部品を小分けして保存しています。
私の宝物の一つですね。

NCM_1918.jpg


















接続して動かして見ました。

NCM_1912_1.jpg





















カップリング部分のUP。
ここまで必要ないのですが、
念のため多点止めしています。

NCM_1913_1.jpg






















試運転の動画。
感動の一瞬です。




























無負荷とマメを入れての動作はかなり違います。
800g用の大型焙煎機では、負荷が掛かりすぎて断念。
検索で見つけたサイトでも自作レベルでは最大で300g
普通の人は100~200g程度の焙煎量みたいです。

800gともなると100万以上の業務用器になるみたい・・・




高速で回転させれば、問題なく動くのですが・・・
それでは、豆が全く動かず、撹拌されません
重心が偏っている状態ではかなり負荷が掛かる模様。




何日も試行錯誤して・・・
結局、以前の600g用の釜で、ギリギリ運用可能。
この調整だけで1日仕事でした。

せっかく改造した大型焙煎機は一度も稼働せずお蔵入りという残念な結果に・・・






















この後、何度も試運転。
モーターの熱も気になり。
600gを入れて、連続20分間の動作をクリアしました。
実際の焙煎が楽しみです。

Posted on 2014/01/03 Fri. 04:49 [edit]

CM: --
TB: --

0102

フィルター類着荷  

昨年末・・・

アマゾンに注文してた巨大掃除機が着荷しました。

NCM_1895_1_20140101134455911.jpg











ちょうど、同じ日に注文していたフィルターが着荷しました。

NCM_1893.jpg














NCM_1894_1.jpg

















この掃除機にパウダー用のフィルターを取り付けます。

NCM_1896_1.jpg

















かなり強力そう。

NCM_1897.jpg

















新しい冷却のイメージ画像。

NCM_1898.jpg




















結局、大量のフィルターが無用の長物になる事に、この時は気がつけなかった・・・

Posted on 2014/01/02 Thu. 03:43 [edit]

CM: --
TB: --

最新コメント

フリーエリア

コーワ製品取り扱い開始

カレンダー

プロフィール

メールフォーム

FC2カウンター

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲Page top