FC2ブログ

ビデスコや  ~駒ヶ岳を眺めながらの日々~

猛禽類調査の機材制作や改造に日々取り組んでいます。一つ一つ手作りの受注生産で、あなたの使い方に合わせたシステムを心を込めて作り上げていきます。                           2012年から自家焙煎コーヒー販売開始しました。          2016年から野菜販売始めました。                  画像の右側切れてます、クリックすると大きな画像を見る事が出来ます。 最近過去記事の写真が別のに入れ替わってる症状が多々見受けられます。アルバムの設定が上手くいって無い様ですが、ご容赦下さ

1015

焙煎機改造  

1メアドで、1日1回の投票、よろしくお願いします。


yurubana1.jpg





ungappa_qr.jpg















2週間程前の休み期間の過去記事です。


現在の最大焙煎量は約600g
3種類の豆を焙煎して、出来上がり量が約1.5kg
これが2週間で無くなります。

一回の焙煎量を増やして、少しでも焙煎の負担を減らしたいと以前から考えていました。
現在の直径が14cm。
16cmの物を機会がある度に探してはいたのですが・・・

偶然にも車で使っているフライパンが16cm。
灯台もと暗しでした。

NCM_1223.jpg
















両側に使うため、もう一つ購入。

NCM_1224.jpg
















取っ手を簡単に取り外し出来るだろうと思っていたのですが、
以外と苦戦。
2時間近く掛かって取り外しに成功しましたが、
フライパンが変形してしまいました。

NCM_1225.jpg

















しかし・・・
外している最中に、問題発生。
フライパンの素材がアルミでした。
アルミの融点は600℃ちょっと、
ガスの炎は1400℃もあるらしく。
アルミでは溶けてしまうかも・・・

でも、既にフライパンとしては使用出来ないので、
とりあえず実験してみる事にして、製作。
3回目の金網編み物。
だいぶ慣れて来ました。

新旧を並べてみました。

ぼっことボルトは使い回しを考えていたのですが・・・
潤滑油に使った天ぷら油が硬化して取り外す事が出来ませんでした。
よって、ほぼ新規作成状態。

NCM_1228.jpg



















しかし・・・
ケースに入れてみると、ほんの僅か干渉して回す事が出来ません。
(>_<)

台座に使っている既製品のL字部品がシンメトリーになっていない事で、
僅かに軸がずれている事が原因。

NCM_1229.jpg















ステンレス製の薄い鍋を発見できれば使えるカモ・・・
暫く、巨大化計画は中断です。



















そこで、兼ねてから材料だけは購入していた、
冷却装置の製作に掛かりました。
こちらは段ボールに切れ込みを入れただけの物。
入れ物が軽すぎて、不安定です。

NCM_1226.jpg

















3mm厚の板を切り貼りして箱を製作。
これで冷却効率が上がるでしょう。

NCM_1232.jpg



















丁度、注文していたデジタル温度計も着荷。
1000℃まで計測出来るらしい・・・

NCM_1230.jpg

Posted on 2013/10/15 Tue. 03:30 [edit]

CM: --
TB: --

最新コメント

フリーエリア

コーワ製品取り扱い開始

カレンダー

プロフィール

メールフォーム

FC2カウンター

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲Page top